現代はこたつ布団もオシャレに

冬の暖房器具といえば、私なら一番に「こたつ」と答えます。エアコンとは違い、ホコリが出ることもないですし、肌の乾燥もし防げます。石油ファンヒーターは灯油を入れるのが面倒で扱いが危険な上に空気も悪くなります。そんな中、こたつは安全で省エネなので、現代でも人気は続いています。こたつで大事なのはこたつ布団選びです。昔は分厚い布団が多くて場所を取っていました。でも今はコンパクトになっているので狭い部屋でも気にせずに使う事が出来ます。また、春になって片付ける時にも省スペースで済むので収納場所が少ない家庭では助かります。その布団も色々とデザインがあって、私が一番気になっているものは、四面のうちの一面が二つ折りになっていて、それを広げれば長く伸ばせて掛布団のようになるものです。寒い冬にこたつはとても快適なものであり、長時間入っているとついついそのまま寝てしまうことも多々あります。

そこでよく風邪を引いてしまいがちなのですが、これなら肩を冷やさなくて済むので、家族がそこで寝てしまってなかなか起きない場合や、自分がちょっとお昼寝、という時に活躍しそうです。他にもリバーシブルになっていて、色や柄に飽きた時、裏返して気分転換できるものや、アルミシートが織り込まれていて保温効果を高めるものもあります。それを使えばもともと安い電気代も、さらに安くすることができるので、省エネの今の時代には必需品だと思います。それから新しいものでは、ダイニングテーブルがこたつになっている今までになかったスタイルのものもあります。確かに椅子に座っていると足元がものすごく冷えてきます。ホットカーペットを使ったり床暖房を入れたりしてみても、足の裏が温かくなるだけで、足全体を温める事は出来ないのでやっぱり寒いのです。だから急いでご飯を食べてさっさと食事を終わらせリビングへ移動する、という人が多いかと思います。そんな経験から開発されたのかは分かりませんが、椅子に座っていても寒くないのはとても嬉しいです。お子さんならそこで勉強するのもはかどりそうで良いと思います。私はこの冬でもこたつを愛用しており、エアコンは一度も使っていません。

もともと乾燥肌というのもありますが、エアコンがなくても充分に温かいから必要ないのです。もちろん、上半身は冷えるのでガウンを着たりして厚着をしています。でもそれだけで大丈夫なので自分の中ではかなり節電できていると嬉しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*