義母からいただいた敷き布団

敷き布団は、寝るときに重要視したいアイテムの3位!と勝手に決めている私です。1位は、掛け布団です。重さ、温かさを快適に選びたいと思うからです。2位は、枕です。低反発を使っていますが、某メーカーのいい物を使っていると思います。それらについでの敷き布団ですが、これもほんとはとっても重要視したいところなのです。ですが、結婚時に購入したものは、いま旦那が一人で使っていて私は、違うものを子どもと使用中です。それが、義母さんからのプレゼントです。我が家の義母さんは、自分が欲しいと思ったものでもすぐ人にあげたがる人です。すごく気持ちが優しくて、誰かのためになることには自分を犠牲にしてしまう人なんです。たまに、それがありがた迷惑な時もあるのですが。私の敷き布団も本来、義母さんが大切に保管しておいてくれたものでしたが、さらっとくれたのでした。震災の時、あんなに『布団こんないらねーから捨てろ!』と旦那に言われてたのに、なぜかスゴーク寝具を大事にしているのです。でもそのおかげで、快適な睡眠いただいています。ありがたいことです。

敷き布団を変えたら健康に

主人はホテルで働いていて1日中立ち仕事が多いです。また背が高いため昔から腰痛持ちなので季節の変わり目には悪化して痛がります。なんとかしてあげたいなと思っていたのですが、私にできることは簡単なマッサージくらいで、それもあまり効果は無いようでした。また、私の姉は農家に嫁ぎ、毎日畑仕事で忙しく同じく腰を痛めたのですが、彼女は敷き布団を変えたらだいぶ楽になったと話していました。なので我が家も布団を新しくしようということになりいろいろ調べてみると、機能も値段もいろいろで、どれが良いのかいまいち分かりません。結局、お布団の専門店に出掛け、腰痛持ちの人でも寝やすい布団について聞くと、イタリア製の老舗メーカーが作っている低反発の敷布団を勧められました。試しに寝転んでみると、身体がしっかり支えられているのに、あまり沈み込まず、なんとも不思議な感じがしました。腰周りも軟らかいのに沈まないのでとても気持ちが良いそうです。早速2枚購入し、毎日使っていますが、腰痛も悪化せず今のところ順調にきています。

二段ベッドでもあなどれない敷き布団

うちのベッドルームには、セミダブルベッドが一つと、二段ベッドが一つあります。セミダブルには主人と6歳の長男が寝て、二段ベッドの下段には私と3歳の次男、そして二段ベッドの上段には8歳の長女が一人で寝ています。6畳にこの状態ですので、かなりの狭さです。ベッドって台の上に布団が乗っているので、床に直敷きの布団と違ってまありじめじめしないと言うイメージが有りませんか。なので、あまり敷き布団を裏返すと言う事をしなかったのですが、ある時裏返してみてびっくりしました。セミダブルの方はマットレスなんですが、明らかに湿気による変色があり、二段ベッドはすのこ状態になっているにも関わらず、カビが発生していました。かなりの衝撃です。でも布団を丸洗いすることはできないので、日干しする事にしました。そして、常日頃から裏返すことを心掛けるようにしたところ、それ以上酷くなることはありませんでした。すのこを利用している二段ベッドでも、しっかり裏返すことが大切ですよ。